[チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC

[チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC
[チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC [チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC [チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC [チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC [チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC [チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC
品番: WNH5HYPUC
在庫: 在庫あり
価格: 14,233.89円 7,327.41円

オプション:


* Size:

  • 靴幅: F

  • メイン素材: 牛革

  • ソール素材または裏地: 革底

  • ヒールの高さ: 3.5 cm

  • 留め具の種類: レースアップ

  • ソールの厚さ:1.5cm

  • 商品紹介

    “外交官"の名を持つ「チャーチ」のセミブローグシューズ“ディプロマット"。 程良い装飾性を備えているのでオン・オフ問わずさまざまなスタイルに合わせやすく、まさに交渉ごとが上手な“外交官"のような革靴。 かしこまりすぎないデザインなので、着こなしの幅を広げてくれそうです。 ラスト(木型)は、角ばりすぎず丸すぎないバランスの良いトゥが特徴の上品でクラシックなイメージの#173を採用。 「チャーチ」のドレスシューズの定番に長く使用されていたトゥシェイプを受け継ぎつつ、現代人の足型を考え進化させたラストです。 レザーソールは通気性や吸湿性に優れており、シーズン通して履けるのが魅力。 レザーソールはドレッシーな雰囲気も兼ね備えており、ロゴの刻印がポイントになっています。 履き込むほどになじみ、愛着が深くなっていきそうな一足です。

    ブランド紹介

    【Church's / チャーチ】 イギリスの老舗名門紳士靴ブランド「チャーチ」は、1675年に生まれた靴作りの名匠ストーン・チャーチによってその礎を築かれました。 彼の技術を受け継いだ曾孫のトーマスが妻のエリーザ、息子のアルフレッド、ウィリアムと共に、1873年に靴作りの町ノーザンプトンのメープル・ストリートに小さな工房を開いたのが始まりです。 この当時の靴は左右の区別がない形をしていましたが、「チャーチ」は初めて左右の区別がある靴を製造し、サイズ展開にもハーフサイズを取り入れました。 この革新的な発明によって、「チャーチ」は1881年にロンドンで行われた靴の展覧会で金賞を受賞します。 これをきっかけとして、数年のうちに「チャーチ」は高級シューズの代名詞的な企業へと成長し、ノーザンプトンだけでなく、ロンドンやその他ヨーロッパの最高級シューズショップでもその名を知られるようになりました。 「チャーチ」の歴史の背景には、ピューリタン革命時に軍用靴を大量生産したことで発展したノーザンプトンの街の歴史があります。 耐久性と実用性を重んじた靴作りを元に発展したノーザンプトンは、「グッドイヤー・ウェルト製法」の靴作りの街として有名になりました。 「グッドイヤー・ウェルト製法」で作られた靴は甲革から本底を取り外しやすいため、本底の張り替えが容易に行なえ、靴を長く愛用することができます。 また頑丈で型崩れが少ない事に加え、中底にコルクを挟んで縫製されることで、履くほどに足になじんで長時間の歩行にも適した快適な履き心地になります。 1965年に「チャーチ」はエリザベス2世の訪問を受け、英国産業界で最高の名誉とされる「クイーンズ・アワード」を授与されます。 これによって、正統派の英国靴としての「チャーチ」の不動の地位はより強固なものになりました。 19世紀に靴の概念を革新した「チャーチ」は、そのスタイルを長い時間をかけ普遍的な物にし、王道を行く格調高いブランドとして現在も変わらぬ魅力を放っています。 その品質は高い評価を受け、物を大切に使い続ける英国紳士に愛されてきました。 「チャーチ」の革靴は今もノーザンプトンの工場で製造され、1足あたり8週間の時間をかけ、250に及ぶ工程を経て製造されています。 その実直な靴作りは創業から140年を超え、現在も継承されています。

    [チャーチ] Church's ビジネスシューズ DIPLOMAT - WNH5HYPUC

    Powered By adsgm.org © 2019